ロンドン酒チャレンジの審査基準

「ロンドン酒チャレンジは新しい日本酒を味わう打って付けのチャンスだと思います。私は個人的に過去にロンドン酒チャレンジに出た日本酒について研究するために時間を使って、幅広い日本酒のパッケージなど細部に渡るまで査定しています。ロンドン酒チャレンジに参加する多くの酒蔵は国際的な思考を持ち、そして、是非ともその様な酒蔵さんと一緒にシンガポールで働きたいと思っております。」

エイドリアン・ゴ – Marketing Director, Inter Rice Asia

ロンドン酒チャレンジでは、エントリーされたすべての日本酒に対して、世界で活躍するプロのソムリエたちが評価判定をくだします。

採点方法は、個々の日本酒に対する絶対評価によって評点をつけ、比較検討による相対評価とは異なります。味や香りはもちろん、ラベルの洗練度と包装についても審査します。各項目に対して、個々の審査員が付けた評点を合計、平均して、それぞれの酒の最終的評点(%)とします。

判定項目

  • 製品の鮮明度、外観、タイプ、光沢を目で判定
  • 香りと芳香を鼻で調べる
  • 風味と味を口で確かめる
  • 鼻と口内滞留時間の協調で日本酒の最終的な全般的評価を行う
  • 洗練度と包装を審査

評点は以下の基準に従って0~5 の星の数で示されます。

  • 星0 (コンペの基準に達していない)
  • 星1つ (悪くない)
  • 星2つ (よい)
  • 星3つ (たいへんよい)
  • 星4つ (素晴らしい)
  • 星5つ (抜群によい)

受賞製品を出品した参加者には受けた賞に応じて、受賞した酒の瓶に貼ることができる金賞、銀賞、または銅賞のシール(ステッカー)が贈られます。

また、惜しくも受賞に至らなかった日本酒についても、参加商品には、すべて英語でのテイスティング・ノートを差し上げます。日本国外へ進出の際には販促ツールやラベルとして、文言を使用することができます。

ロンドン酒チャレンジ審査委員長のご紹介

松崎晴雄 プロフィール

松崎 晴雄酒類ジャーナリスト。東京在住。 百貨店に勤務し酒類売り場、バイヤーを担当後1997年に独立。 同年より「日本酒輸出協会」を組織し、海外への日本酒の普及啓蒙活動に従事。 国内外での各種日本酒審査会での審査員を務めるほか、台湾で行なわれている日本酒イベント「酒フェスティバル」の実行委員長を務めている。 著書に「日本酒ガイドブック」(柴田書店)「日本酒のテキスト①②」(同友館)ほか。 専門誌への寄稿、一般消費者向けのセミナー講師なども担当している。

コリン・ムイ プロフィール

コリン ムイ20年の歴史を誇り、アジアを代表するワインスクール、Asia Wine Service and Education Centre (AWSEC) の最高執行責任者及びシニアワインエジュケーター。AWSECはWSET エジュケーター・オブ・ザ・イヤー2013にも選ばれた。 英国及び日本で高度な訓練を受けた後、酒ソムリエ協会 (SSA) 認定の酒ソムリエ・酒エジュケーターとなり、国際酒ソムリエの育成に励む。WSET Diploma, A+ Australian Wine School, Barossa Wine School, International Sommelier Guild (ISG)等数々の資格も保持し、政府認定ギリシャワイン大使でもある。 幅広い経験をワイン及び日本酒教育に最大限に活かす事を常に心がけ、Vinoexpo、国際ワインフェア、ワイン品評会等への参加、また、執筆、イベント活動等も行う。

酒ソムリエ一覧

ジョアン・リム シンガポール
マーティン・アヨーテ カナダ
マクシミリアン・フリッチ ドイツ
ローランド・エブル スイス
フィリップ・ルチャー フランス
ピート・ペドリック 英国
ジョー・ワーウィック 英国
フォン・イー ウォン オランダ
アティリオ・ファルコ アルゼンチン
ピーター=チャールズ・ウドム 米国
カルロス・モランテ スペイン
マイヤ・ユーセラ フィンランド
山本恵子 日本
ステファン・ハウ オーストリア
スヴァド・ズラティック オーストリア
ラウ・ホーマン 香港
ヴォイチェク・シラン ポーランド
スタンレー・チェン 韓国
クララ・ルービン 英国
ヤング・グートシェラ 中国
ノエル・プッシュ スイス
クリスチャン・マスペス イタリア
アレキサンダー・プレド ドイツ
石井香織 ノルウェー
アレックス・ダウン 英国
ジョン=ポール・チェ ルクセンブルグ
シメオン・モラー フランス
ジュリアン・カゾーラ フランス
ジェラルド・バセ 英国
鳥沢直之 日本
キャシー・ジキューン ノルウェー
フランシスコ・ネボ スペイン
レインハード・ポホジェツ オーストリア
ヨナ・シグルザルドッティル アイスランド

LSCの審査基準については、こちらのページをご覧下さい