ロンドン酒チャレンジについて

ロンドン酒チャレンジは、2012年のロンドンオリンピックと同時に初開催されて話題となった、酒ソムリエ協会主催による日本酒の品評会です。日本国外での日本酒の普及を促進すること、また日本酒離れが進む日本の若年層に新しい基準での日本酒の魅力を訴えることを目的としています。

エントリーされたすべての日本酒は、伝統あるロンドンの王室御用達デパート、ハロッズのテイスティングルームにて試飲され、厳正なる判定が下されます。審査にあたるのは、イギリス、日本はもちろん、世界各国で活躍する日本酒を熟知した酒ソムリエたち。エントリーされた日本酒の品質はもちろん、ラベルや箱のデザインまで総合的に判定されます。このイベントは、日本国外での日本酒品評会として、各メディアにもPR活動を展開。そのため、ここで評価された日本酒にとっては、ヨーロッパ、そして日本でのメディアにも露出するチャンスとなることでしょう。

LSCで評価されることの意義

  • エントリーされたすべての日本酒に対して、世界で活躍するプロの酒ソムリエたちによる評価判定が与えられます。
  • 海外での新たなマーケットに進出するチャンスを得ることができます。
  • 一定水準に達したクオリティのある日本酒は、ラベルを飾るシール状のメダルが与えられ、商品棚での差別化を図ることにつながります。
  • 日本食だけではなく、洋食にも合う日本酒という新しい発想で、日本国内のいままで日本酒に関心のなかった層へも働きかけることができます。

ロンドン酒チャレンジはロンドンのランドマークのひとつ、高級デパート「ハロッズ」で行われます。会場の動画はこちらからご覧頂けます。Harrods Competition Room

Press

ロンドン酒チャレンジは2012年に始まって以来、イギリス、日本で取り上げられてきました。下記は、ロンドン酒チャレンジに出展し、活躍する日本酒がメディアで取り上げられた様子です。

「インターナショナルワインチャレンジや酒ソムリエアソシエーションによるロンドン酒チャレンジのようなお酒の品評会は、いずれもイギリスで行われ、飲食業界のプロフェッショナル達の間でも飲み物における”質”への関心を高めた。」

メリンダ・ジョー – 2013年 ジャパンタイムズ

「このイベントでは、世界中の日本酒のプロフェッショナルで構成される審査員団が参加者に金銀銅の賞を授与します。イギリス、日本から日本酒のバイヤーが参加しました。」

ジェットセット タイムズ – 2014年7月23日

「ロンドン酒チャレンジは最も優れた日本酒を推奨し、一流の称号を与えます。審査員は世界中の日本酒プロフェッショナルで構成され、優れた製品に金銀銅で賞を授与します。」

Breaking Travel News “Harrods to bring sake masterclasses to London” – 17 July 2014

現在準備中!!

ロンドン酒チャレンジに参加された方で、入賞された方に限り、
プレスリリース、ニュース、ブログなどのリンクを info@londonsakechallenge.com 
送っていただければ、こちらのサイトで紹介させていただきます。